moonfishwater28’s diary

気がつくとわたしの心から音楽が奪われていた。取り返そうとするけれど、思い出すのは昔のレコードばかり・・・今はもう手元に無いレコードたちを思い出しながら記憶の隅に眠る音、内側を作る本の言葉を集めたい。

ブルーバード    ポールマッカートニー&ウィングス

 

 

この曲は吹奏楽部の引き出しの中に人知れず置かれていた楽譜の一枚でした。

黄金の檻   ①

カーテンはミルク色で光がうっすら通る。朝が来たばかりの頃なら水色がかっている。

 私は「ミルク色」のままが良い。そうすれば、部屋中が「雪明り」に照らされて明るい、という錯覚の中に居られる。

 アドベント三週目。雪の降らないクリスマスにも慣れてきた。けれど、「雪明り」への恋しさは募る。そればかりには嘘がつけない。

 この土地ではパンジーやビオラが出回る季節だ。花屋ではチューリップの球根を買い求め、早くも春を待つ心持ちになり、パンジーとビオラを見守るように愛でるだけで帰る。M子の最後の消息は「花や」だったと気づく。

 M子と、ひと冬を白い部屋で過ごした。

そこには「ほのかなぬくもり」もある一方、稲妻のように時折、ビリビリと妬みが走る。背中合わせで「同じ空を見ているような空間」、子宮のような「檻」だった。

 

M子は、薄グレーのニットウェアを着ていた。着馴染んでいるせいか、楽そうだった。

 「その服、いいね。」と言うと「そうでしょ。」と答える。少し焦っているような早口で、無表情。痩せて前かがみだが、アーモンド型の目とウェーブのかかった肩まで落ちている髪も、犬みたいな口元もバランスがとれて美形なのだった。

 肌も整って色白でキメが揃っている。この肌はどうやって手入れしているのだろう、と疑問として残ったのは、M子が私より三つも年上だと知らされたからだ。どう見ても私より三つ年下としか思われなかった。

振り返って

2017年があまりにもあっけなく終わってしまい、お正月らしいことをしなかったことが、早くも悔やまれる、1月の終わり。毎年、凧揚げだ、独楽回しだと、孫と浮かれるのだけれど、今年はひたすら、「なにやら」書いていた。思いつきというのが、もう手に負えない。思いついたら行動している。迷った挙句の「思いつき」なのである。

しかし、孫には「お年玉」をあげたし、彼が主人公で出てくる絵本も見てもらった。

今年もやっぱり、ここで自分を発信しつつ、歌って踊れる、絵も描ける婆ちゃんでいたいと思ったことでした。

クリスマス

礼拝の後、ジャングルジムに登った。わたしと娘と孫と3人で。

「メリー・クリスマス!」と言い合って。

でも、本当は祝福の意味がわからなかった。

この教会に本当に居て良いのかどうかも。

 

クリスマスの転会は見送られた。イースターまで何を励むのか?

問いかけが虚しく響いた。わたしから言わせてもらえば・・・

教会学校が大人の礼拝と乖離しすぎている。

立派な教会員になったころには、教会学校で孫が

「つまづく」だろう。つまり「ころぶ」のだ。

 

5人も6人もの大人の信徒が熱心に祈っているのは、牧師家族の子供の

ためだけであり、教会学校では、メッセージ中にわざと子供に当てたりして

本気でやっていないのだ・・・甘やかされて牧師家族は、天国のような

世間と乖離した世界に生きている。

 

子供がつまづけば「一生涯の重荷を負う」言語化できないからだ。

 

熱心な信徒の子供がつまづき、不登校になり、教会からも牧師からも

隠されているのを、わたしは嫌というほど目にしてきている。

 

ここから離れよう。と思う。

 

 

 

ピースサイン    米津玄師

孫と娘が良いっていうので載せました。

ホテル・カリフォルニア    イーグルス

景色に心を奪われてしまった~パソコンでしか聞けないイーグルス

マヘリア・ジャクソン     Oh happy day

youtu.be